2012年02月24日

男と女はどちらが得か

ずっと以前ですが、ある生保会社のアンケート
で、生まれ変わったときに男女どちらになりた
いかを問うたものがありました。

結果の数字はうろ覚えで申し訳ありません。
大体、以下のようなものだったと思います。



男性へのアンケート

次も男性 44%
次は女性 52%
人間以外  4%


女性へのアンケート

次も女性 68%
次は男性 25%
人間以外  7%



この結果だけでみますと、女性の多くは女性
の生きやすさを感じているのがわかります。

裏返して言うなら、男性の大変さをわかって
いるのでしょう。

一方、男性は女性になってみたことがないので
半々に近い結果になったと思われます。

人間以外という意見も気になりますが、人生の
大変さを実感なさっているのでしょうね。



世の中にはレディースデーというサービスはあり
ますが、ジェントルマンデーはありません。

母子家庭への手当ては厚くとも、父子家庭へは
冷たいのが現状。

女という漢字は2年生で習うのに、男は3年生。

会社の忘年会や慰安旅行で、なぜか女性のほうが
会費が安い。

デート費用でも男性の支出のほうが多く、割り勘
はあまりない。

婚活パーティーや結婚相談所の会費も女性は割引
されたり無料なのに、男性は有料。



などなど、女性が有利な場面はいくらでもありま
すね。本当の意味での男女平等社会にならないも
のかと思います。

あなたは、このアンケート結果に納得しますか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:男女平等
posted by 子竜 螢 at 18:15| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。