2012年02月25日

ゆとり教育は日教組の責任

日本数学界が大学一年生を対象に、平均
に関する学力調査を行ないました。

その結果、正解率が3分の以下だったと
いうから驚きです。



小学校入学時からゆとり教育だった大学
1年生たちは、台形の面積は習わず、円
周率は3だけに。

ゆとりというよりも手抜きの教育だった
のでは、と思えるほど、この年代の学生
たちは気の毒です。



「100人の平均身長が163センチの
場合、163センチ以上の人も以下の人
も50人ずついる」

上記の設問にマルかバツかで答える問題
も、正解率は20%台。

答えはバツですよ。

全員が163センチの場合もあるのです。



ゆとり教育は1970年代に日教組から
の強い要望で導入されました。

土曜日も休みとなり、夏休みなども長く
なりましたが、今にして思うと、先生た
ちが休みたかっただけなのではないで
しょうか。

世界的にも日本人学生の学力低下が叫ばれ
ており、ゆとり教育世代がこれから自主的
な勉強をしてくれないと、日本の将来には
不安が残ります。



日教組はあくまでも労働組合なのですから
労働条件に関すること以外には口出ししな
いように。

ゆとり教育などの教育内容やカリキュラム
に関することや、日の丸と君が代に関する
思想的なことは労働条件とは関係ありません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 20:33| Comment(3) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする