2012年02月26日

小中学生の留年だなんて

橋下大阪市長の発言が波紋を呼んでいます。

学力が伴わない小中学生を留年させてはどう
かという意見ですね。

ネットを散策してみましたら、大方が反対の
意見でして、留年した子がイジメられる危険
すらあるとの危惧が大半でした。



法的にいえば、留年はあり得ます。

しかし、実際に留年が運用されていないのは
学校生活が学力を養う場だけではないからな
のでしょう。



学力不足の責を学校だけに求めるのにも疑問
があります。親がちゃんと子供の学力を把握
して、理解していない部分があれば教えると
か、塾や家庭教師を用意すべきでしょう。

子供というのは、ちょっとしたきっかけで
勉強に興味を持ちますし、興味をなくします。

留年させなくてはならないほどの子供がいる
のでしたら、親の責任であって留年制度の
有無ではありません。



そもそも、子供の教科書を見ている親はいる
のでしょうかね。

今何を習っているのか。何が苦手で理解でき
ていないのか。ちゃんと把握しているので
しょうか。



身内の恥ですが、国立大の医学部に通っていた
甥が、子竜に驚きの質問をしたことがあります。

「日本とアメリカが戦争してたんだって?」
「それで、どっちが勝ったの?」

子竜は呆れながら言いました。

「そんな程度の歴史さえ知らなくて、よく医学
部に入れたよな」



そんなアホでも国立大の医学部に入れるので
から、親子がちゃんと会話をしていれば、学力
の程度は把握できるものです。

子供の足りないところを親が補ってあげましょう。
さすれば、留年などという一生心に傷を残しそう
な制度などいりません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:留年
posted by 子竜 螢 at 18:55| Comment(2) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする