2012年03月07日

北方領土は南樺太も含む

ロシアの大統領選挙でプーチン氏が返り咲き
当選を果たし、今後6年間の政権を担うこと
になりました。

ただ、選挙に不正があったことを認めながら
も当落には関係しないとの態度は、不安定
要素を残したことになります。



プーチン氏の当選演説で注目すべきは、北方
領土交渉に熱意を持っている点でしょうか。

メドベージェフ時代に悪化してしまった日本
との関係を立て直し、経済連携を模索する
ことで不安定要素を取り除こうとしている
ように思えます。



ただし、2島返還などというロシア側の案に
は安易に妥協してはなりません。

日本人の多くは北方領土問題が4島だけの
ことと認識しているようですが、戦中まで
南樺太も日本の固有領土だったことを忘れ
てはならないのです。



2島だけでも返還交渉は難しいのに4島な
んて。。。しかも、南樺太までとは。。。

このように難しく考えてしまう外交官がいる
から、これまで進展がみられませんでした。

正当な主張とはどこまでも正当なのです。



国連総会で、不可侵条約違反による領土の
不当占拠を訴える勇気を外交官は示してい
ただきたい。

そして、相手の扱い方によっては不安定な
プーチン政権の基盤を揺るがしかねない事態
へと発展させ得るシナリオを描くのです。

いいえ、外交官よりも、柔道家でもあるプー
チン氏が尊敬している山下泰裕氏あたりを
特使として派遣しましょう。

この6年間が勝負ですよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:北方領土 南樺太
posted by 子竜 螢 at 10:15| Comment(5) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする