2012年03月20日

脱原発と電力料金

久しぶりにネットサーフィンしていたら、ある
ブログに国民の矛盾点が示されていました。

脱原発を叫びながら電気料の値上げ反対も叫ぶ
のは我侭ではないか、という主張です。

ブログの管理者は電力会社の社員ではないかと
思われますが、そういう考えこそ電力会社側の
我侭だと感じました。



もともと、原発で安い電気を安定供給できると
主張していた電力会社の言い分は、東日本大震
災に伴う原発事故によってウソだったことが判明
したわけです。

日本よりもはるかに国土の広いアメリカは送電
コストが何倍もかかるのに、電気料金は日本の
半分程度です。

そして、電力会社こそが自然再生エネルギーの
研究をしてくるべきだったのに、原発依存をし
てきた責任がまるで国民の側にあるかのような
主張ですね。



原発マネーのばら撒き分まで電力料金に組み込ん
で肥え太ってきた電力会社に、原発が動かないか
ら値上げだと言う資格はありません。

当然のごとく、原発に重大な問題が発生した場合
に備えた経営体制を確立しておくべきではなかった
でしょうか。

赤字になるから値上げします、なんて、増税ばかり
考えているどここかの国のトップと同じですよ。



まずは、不要な資産の売却と徹底したリストラなど
国と同様にやるべきことは山ほどあります。

株主配当も当面はストップしてください。値上げの
要請なんて、それからです。


※にほんブログ村の緑バナーを毎日ポチッとして
いただけたなら幸いです。



※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html




ラベル:脱原発 電力料金
posted by 子竜 螢 at 20:43| Comment(2) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする