2012年03月27日

復興と消費税

これまで消費税の増税案に関していろいろ
述べてきましたが、被災地の復興が先だと
いう考えはずっと変わりません。

子竜は増税に必ずしも反対ではなく、順序
を問題にしているのです。



被災者の人々は、これから自宅の再建や工場
の再稼動に向けて、高額の買い物をしなくて
はなりません。

家屋だけでなく、家具や車なども合わせますと
消費税の5%アップはとんでもない出費の増加
につながるのです。

ですから、復興需要が本格的になった時点で
論議するのがベストで、復興の青写真が整わ
ないときから論議してはならないのです。



また、天下り法人へ注がれている12兆円は
5%に相当する額であり、ネズミ退治も早急
にすべき課題でしょう。

もう消費税を上げるしかない、となるまで、
野田首相は法案を撤回しなくてはいけません。



何度も言いますが、野田首相の役割は全力を
挙げての復興であり、個人の政治理念などを
実現する立場にあると誤解をしてはならない
のです。

首相とは国民の幸せと豊かさを守る人であって
独裁者ではありませんし、増税のマニフェスト
を掲げて得た政権でない限り、無茶な政策だと
言わざるを得ないのです。



万一、復興よりも増税が先に実施されたなら、
復興は絶望的です。多くの被災者が自宅の再建
や工場の再稼動を諦めるでしょう。

首相の座を交代したタイミングから考えても、
野田首相には復興のみに全力を挙げていただき
たいと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 09:20| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。