2012年04月05日

新社会人の人たちへ

伊集院静氏の真似をするわけではありません
が、子竜も子竜なりの視点から新社会人の人
たちへエールを贈りたいと思います。



新社会人の人たちへ。

社会人とはビジネスマンでありビジネスウーマン
です。ビジネスに長けた人を目指しましょう。

目指す期間は3年間。3年経てばようやくビジネス
の本質の入り口にたどり着けるでしょう。



もしも、その前にくじけそうになったなら、あなた
のいい部分を思い出してほしい。

クソ真面目でも何でもいい。誰にも負けない部分が
ひとつくらいあるはずです。



それでも立ち直れないかもしれないと思ったときは
悩まずに上司に相談しなさい。

上司とはあなたに命令するだけが仕事ではなく、あな
たの悩みを聞くのも仕事なのです。

そして、叱られるのも給料の内だということを忘れ
てはなりませんし、新人のうちは叱られるもの。



ただし、自己否定だけは絶対にしてはいけない。

もしも自己否定を強要する職場であったなら、
今すぐに退職願いを提出すべきです。人があっての
企業です。



最後に、

あなたの上司はいきなりオッサンだったわけでは
ありません。新人の頃はよく叱られたはずなのです。

また、あなたと同年代の頃には恋もしただろうし、
あなたと同じことで悩んだはずです。

上司への憎悪はあなた自身への否定につながります。
つまらないことを考えている暇があるのなら、少し
でも仕事を覚えましょう。

あなたと上司とは、きっと理解し合えるでしょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 10:01| Comment(2) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。