2012年04月08日

国民新党にもの申す2

昨日に引き続いて国民新党で起きた事件に
ついて書きますが、単なる小政党の内部
事件ではなく、民主主義の危機であること
をおわかりいただきたいと思います。

また、陰で糸を引いていた人物について、
推論していただきたいと思います。



亀井代表が連立の解消を申し入れた時点で
野田総理は自見大臣らを解任しなければな
りませんでした。

しかし、それをしないで増税法案に閣議署名
をさせたのは、明らかに無効と思われます。

いいえ、一応は大臣なのですから、百歩譲って
署名そのものは有効としても、辻褄合わせの
ための下克上はやりすぎでしょう。

結党メンバーである党首を解任するのではなく、
離党して新党を結成するか民主党に鞍替えする
のが人間としての筋ではないでしょうか。



クーデターに富山の森田氏も参加したのは遺憾
に思います。結党時の綿貫代表の後継者として
期待されていただけに、非人間的な行動には
呆れるばかりです。

政治家の以前に人間としてどうかと疑われます。
どう言い訳しようとも、次の選挙はありません。

が、子竜が知る限りそんなことをする人物では
ないはずですので、裏で糸を引いた人物が必ず
いるのです。



下地氏?

いや、下地氏とて反乱軍をまとめ上げただけで
反乱の青写真を書いた者がいるでしょう。

もちろん、田中防衛大臣と同程度な答弁しか
できない自見氏ではないでしょうから、今の
国民新党が正当であり正当に代表が交代した
としている民主党内の人物に違いないのです。



いろんなメディアでは、国民新党の規約不備
を指摘していますが、そんなことが騒動の原因
ではなく、あくまでも人間性が問われる事件
だったと考えます。

解任の規約がない、党としての意思決定の規約
がないとすれば、党首の意見に従うことこそが
不文律であるはず。

にもかかわらず、下地氏らは最悪の選択をしま
した。政治家の人間性が問われている今、国民
の政治不信はますます高まったでしょう。

ましてや、増税のためには邪魔な亀井氏を抹殺
するほどのシナリオを書く人物がいるなんて。。。



何度も申し上げますが、これは小政党の内部事件
ではなく、民主主義の根幹を揺るがす大事件です。

法案閣議決定の有効性や党首変更に関する届出と
受理に関する犯罪同然の行為など、許されるとし
たなら国民が投票に行く意味はなくなり、政治家
たちだけで何でも決めてゆけることになってしま
うのです。

これはもはや民主主義ではなく、社会主義国家の
政治手法ではないでしょうか。



両亀井氏には6名の造反議員を除名という形で対抗
してほしかったのですが、両氏も政治的な混乱より
も郵政改革法案の成立を優先したのでしょう。

離党会見での、ゴミは捨てなさい、という言葉は、
郵政改革法案の成立に目処が立っている今、政界
再編を目指してすでに動き始めていることを意味
しているのだと思います。



ともかく、選挙結果で信を得たマニフェストの
遵守を貫きとおした人物と、マニフェスト以外
のことを手段を選ばずにゴリ押ししようとする
人物との差は歴然です。

また、最後に、クーデターを実行した人物たち
も次の選挙では淘汰される運命にあることを肝
に命じておかなくてはなりますまい。

政治家の以前に、真っ当な人間であってほしい
のです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:国民新党
posted by 子竜 螢 at 15:30| Comment(3) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。