2012年04月17日

人口減は悪いことか

ある機関の予測によると、2030年の日本
は国内総生産において韓国にも抜かれ、現在
の世界第3位から28位にまで落ちるという。

だから消費税を上げて国の基盤を安定させ、
法人税をもっと減らして企業の海外転出を
食い止めなくてはならない、とその機関は
主張しています。



果たしてそうでしょうか。

その機関は人口減をもとに試算したのですが
国内総生産の減少と国民の豊かさとは同一で
はありません。

むしろ、人口が減ることによって失業者も
減るかもしれず、土地価格の大幅な下落に
よって国民の資産価格は減るものの、手に
入れやすくなる面もあるのです。



近年、人口減を見越した外国人の移民受け入れ
や労働者の受け入れを奨励する動きがあります
が、それこそ日本人から職を奪うもので、子竜
は賛成できませんね。

少子高齢化というバランスの悪い人口分布は
団塊の世代が平均寿命を迎えるまでの20年
間だけのことで、それ以後は今よりもずっと
バランスがよくなるのです。

世界の順位がどうあれ、国民一人一人が豊かさ
を真に実感できるようであれば、それでいいの
ではないでしょうか。



こういう試算の発表を今のタイミングでする
のは、世論をどうしても増税に導きたい人が
いるからでしょう。

社会保障費が問題なのは、今後20年間のみ
のことです。20年間だけのためにずっと国
民に負担を求める増税をしてはいけません。

歳出の無駄を徹底的に省いて、耐えるのが
日本人向けの政策ではないでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:人口減少社会
posted by 子竜 螢 at 13:50| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。