2012年04月25日

トップに立つ意味

野田総理は、どうして反対者が多いことばかり
やりたがるのでしょうか。

消費税の値上げにTPPへの参加。そして、原発
の再稼動ですね。

政治家としてのトップに立つという意味を間違え
ているのではありませんか。



政治家に限らず、組織のトップになった人の勘違い
として、持論の実現に向けて直進し、周囲の意見を
聞かなくなるというのがあります。

まるで、トップになったときの権利行使であるかの
ような錯覚です。



しかし、本当のトップとは、持論がどうあれ、組織
全体の利益を優先しなくてはなりません。

つまり、権利よりも義務を優先されるのがトップ
というものではないでしょうか。



トップに立つ人の持論が強引に推し進められる世界
とは、すなわち社会主義国家です。

日本人の大半は、社会主義国家になることなんて
望んではおりません。

むしろ、早く民意を問う解散総選挙を、と望んで
いるように思えます。

トップに立つ意味を、よく考えていただけない
ものでしょうかね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 07:44| Comment(3) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。