2012年04月26日

無罪判決

小沢裁判に無罪判決が示されました。

検察による重大な証拠捏造があったのですから
無罪じゃないと法治国家ではなくなります。

そういう意味でも注目すべき裁判だったのです
が、国の行く末にも影響のある判決でした。



マニフェスト無視で持論のみを邁進しようと
している野田首相と、マニフェストを遵守する
姿勢を崩さない小沢氏との対決が、連休明けから
本格化しそうです。

党員資格停止の解除は時間の問題で、訪米が
予定されている野田首相が対決前にTPPへ
の参加を表明してしまう懸念が浮上してきました。



これから6月の国会会期末を睨んで、政界の構図
がガラリと変わる可能性はありますね。

維新の会や石原都知事の動きなど、地方の勢力
もバカにはできません。既存の政党への国民不信
から、変わってほしいというのが国民の願いで
しょう。

震災復興に拍車がかかって、皆が笑顔で暮らせる
世の中の到来を期待したいですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:小沢一郎
posted by 子竜 螢 at 20:55| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする