2012年05月09日

結果責任が政治です

連休中にツアーバスの悲惨な事故がありま
した。子竜もよく知っている人が犠牲に
なりましたので、他人事ではなかったですね。

もちろん、バス会社の責任は大きいでしょう。

しかし、元凶は経済至上主義に走った構造改革
にあったのではないでしょうか。



日本の大企業が国債競争力を失うと、自動的に
雇用も失われるという論理に騙されて、労働者
派遣法の改正や、法人税の減額などが行なわれて
きました。

だが、それでも家電メーカーがテレビ事業から
撤退したり、海外企業へ部門売却を余儀なく
されているのですから、国内に残されたものは
低賃金で働かされる派遣労働者だけになったのです。

タクシー業界もツアーバスの業界も、過当競争に
苛まれ、トラック業界に至っては真っ先に値下げ
される対象となってしまいました。

これでは、安全基準など守っていられるわけが
ないのです。経費の中でもっとも高い人件費を
削るために夜間の長距離運行を一人でやらせ、
過密スケジュールにせざるを得ません。



そして今また、経済至上主義による原発の再稼動
や消費税の値上げとTPPへの参加など、失敗から
学ぶ姿勢のない政策が推し進められようとしている
のです。

税収を上げる基本は、好景気へ誘導する景気対策で
しょう。原発の事故で何兆円もの損失が出たのに
経済のためと称する再稼動の愚かさには吐き気すら
覚えます。



また、TPP賛成派が唱える農業への自由参加は
参入後の倒産企業が農地を他に転用したり荒れさせ
る恐れがあって、農業の壊滅に繋がるのは明白です。

これ以上、日本が破壊されるのを見過ごすわけには
いかないのです。政治家は結果に責任を取ってくだ
さいませ。決めるだけが政治ではありますまい。

久しぶりの、超辛口トークでした。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 09:47| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。