2012年05月12日

控訴の正当性を考える

昨日の夕刻に馴染みの寿司店へ行ったときの
ことです。

小沢氏嫌いの店主と口論になりました。まあ、
当然の成り行きなのですが、そこで改めて感じ
たことは、控訴の正当性についてです。



検察審査会による強制起訴は、なぜか審査会に
提訴した人の名が被告側に示されないという
ことがわかって、ショックでしたね。

陸山会事件ではただ一人のマスコミ関係者とだけ
伝えられているのですが、無罪が確定した場合の
責任上も、匿名というのはおかしな制度です。

通常の裁判の場合、誰を相手に訴えてもよいという
ことはなく、原告になれるのは、事件によって損害
を受けた人に限られているのです。

この人物は、陸山会事件で何の被害を受けたという
のでしょうか。



さらには、検察官役の三人の弁護士が控訴を決定
しましたが、この人たちに控訴の決定権があるな
んて、審査会の規定にはない行為です。

控訴を決定できるのは、小沢氏を提訴した人物に
限られるはずなのです。検察官役の弁護士は、便宜
上任命されたにすぎません。

また、検察審査会による強制起訴での控訴というのは
前例がなく1審の判決が尊重されるべきでしょう。

というより、検察審査会の制度には控訴に関する詳細な
規定がないのですから、控訴することが正しいのかどう
かという点からして争わねばならなくなりました。



誤解のないよう申し上げておきますが、子竜は小沢
氏をことさら庇っているのでもなく、持ち上げてい
るのでもありません。

2年半前の衆議院選挙で多くの人が民主党に投票し
た民意からしても、当時の民主党の姿勢に戻るべき
と主張する小沢氏の意見がもっともと感じている
だけです。

逆に、民主党へ投票した人までが小沢氏の復権を
望んでいないとしたならば、何の信念もなく投票
したことになりはしませんか。



そして、子竜が懸念しているのは、数々の事件で
検察庁による証拠捏造が冤罪を生んできたという
事実です。

小沢氏を国会で証人喚問させろという声は、むしろ
事件を担当していた検事の間違いではないかと思う
のです。



マスコミによる誘導的なクロ報道洗脳から、我々は
早く脱出しなくてはなりません。都合の悪い人物を
マスコミ誘導によって抹殺するということを、一緒
になって加担してはならないのです。

最初から、有罪ありき、の裁判なんて、中世の暗黒
裁判か魔女狩りそのものではありませんか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 14:48| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。