2012年05月16日

妨害電波が停止した

ミサイル発射の失敗に制裁を加える韓国に
対して「特別行動をとる」と宣告していた
北朝鮮が、先月の28日あたりから妨害
電波を発していました。

この妨害電波は航空機のGPS機能を混乱
させる効果はあったのですが、実際に航空
機の事故は発生しなかったからか、13日
から妨害電波の発生は中止しているようです。



軍事専門誌によりますと、妨害電波発生装置は
ロシアから輸入したようで、また無駄な大金を
使って国民を飢えさせているのですね。

航空機の操縦機器に誤作動が生じるほどの威力
がないと判明した以上は、やはり核実験を成功
させて威信を取り戻すしかないでしょう。

ただし、前回の核実験は大量のダイナマイトを
爆発させた程度の地震しか発生していないこと
からも、北朝鮮が核兵器を保有しているという
のは宣伝でしかない段階です。



ともかく、若い指導者へ交代してから失敗続き
の北朝鮮が、このまま大人しくしているとは
思えません。

また巨額を投じる核実験よりも韓国の大統領選挙
に向けての動きのほうが気になりますね。

それとも。。。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 10:22| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。