2012年05月20日

君が代嫌なら教員やめろ?

大阪の橋下市長が、君が代嫌なら教員やめれ
ばいい、と発言したところ、ネット上では
いろんな反論がみられます。

職業選択の自由があるのですから、君が代を
起立して歌わなくてはならない教員という職
を選んだのが間違いという橋下氏の発言に、
憲法に規定されている思想の自由を持ち出して
の反論が多々ありました。



子竜も橋下氏の意見には反対です。

いいえ、起立もしない教職員に対して理解を
示しているのではありません。

君が代嫌なら、日本人をやめなさい!



当ブログでは何度となく述べておりますが、
君が代の歌詞にある「君」とは天皇のこと
ではありません。

戦前戦中の軍歌の歌詞を少しでも知っている
なら、天皇は「大君」と称されるべきで、単
に「君」というのは、恩師とか両親とか年長の
兄弟などのことを表しているのです。

自分の成長を助けて一人前にしてくださった
方たちが末永く千代に八千代に栄えてほしい
という素晴らしい歌詞なのですよ。

苔が蒸すまでの長い長い年月の間、その人たちへ
の感謝を決して忘れないというのが、日本人だと
謳っているのです。

戦前戦中に天皇のことを単に「君」と称したなら、
間違いなく憲兵隊に逮捕されたでしょう。



ゆえに、教職員をやめるだけではダメです。
今すぐに日本人をやめていただきたい。

大切な子供を、未来の日本を担う子供たちを
君が代の何たるかも理解し得ない人に託すわけ
にはまいりません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:君が代
posted by 子竜 螢 at 06:58| Comment(5) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。