2012年05月21日

電力不足がウソな理由

この夏の電力不足が懸念されています。

電力各社が発表した最大供給電力量が予想され
る消費電力を上回るとして、とくに関西電力
管内では15%の節電が必要との呼びかけを
行なっています。



しかし、大手マスコミのそういう呼びかけは
本当なのでしょうか。

いいえ、すでに週刊ポストが詳細なデータを
もとに余剰電力量をはじき出しておりますし、
もっと確かな証拠があるのです。



証拠を提示する前に言っておきますが、原発
をどうしても再稼動させたい勢力が発表して
いる電力不足という実態とは、電力余剰への
努力を怠っているか、または余剰を隠している
ものであることをご理解ください。

電力会社から政治献金を受けている政治家と
電力会社からCM代金を受けているマスコミ
とがグルになっているのです。



原発がなくても電力が足りている証拠ははっきり
しています。

たとえ小さな地震でも、原発は自動的に運転停止
するシステムになっており、その瞬間に火力発電
によるサポートで、停電を起こしません。

毎日どこかで地震のある日本では、原発の発電量
に見合う火力発電所があるというわけなのです。

つまり、それらを常に稼動させていれば、原発は
必要ありません。原発を再稼動させたい人たちは
発電コストの問題だけで、絶対に安全とは言い切れ
ない原発を動かしたいのです。



そして、国債標準価格の3倍もするLNG液化天然
ガスを仕入れているから火力発電は原発よりも高く
つくなどと言い逃れています。

現在でも原発とLNGによる発電コストはほぼ同額
なのですから、国債標準価格による仕入れをすれば
火力発電のほうが圧倒的に安くなるのです。



ですから、原発を動かさないから値上げします、と
いう主張も間違っています。

東電を国有化させますと、もっとやりたい放題に
なるものと懸念されるのです。

要は、競争の原理が働かない電力市場に問題がある
のであって、そこのところを正しく見極める力を
国民は持っていなくてはならないでしょう。

ちなみに、アメリカには600社近い電力会社が
あり、価格競争をしているので日本の3分の1の
電気料金なのです。

我々国民は、この機会にこそ声を大にして叫ぶ必要
があるでしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:節電 電力不足
posted by 子竜 螢 at 08:37| Comment(7) | エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。