2012年05月23日

設計は正しかったのか?

昨日、バベルの塔などと例えたからでしょう
か、東京スカイツリーのエレベーターが開業
初日に停止してしまいました。

強風による安全性を考慮しての停止だったよう
ですが、まるで中国の事件のような初日の停止
には唖然とさせられます。



634メートルもの高さがあれば、常に強風が
吹いているものと考えなくてはなりません。

こんなことでは、しょっちゅう止まるでしょうね。
展望台まで昇る人が減っては、収支にも影響する
でしょう。3500円という入場料はそれでなく
とも高いのですから。



そもそも、地上波に移行してからは電波塔として
の機能は東京タワーだけで充分でした。

コンテンツ内容はともかくとしても、世界一の
高さを目指すあまりにエレベーターの安全性に
欠陥があったのでは何にもなりません。

展望台に取り残された人たちは、揺れる階段を
2000段も降りたといいますから、さぞかし
怖い思いをしたことでしょう。



問題はこの後のことですね。

強風に対する補強工事をするのでしょうか。

安全性を強調しながらも起きた原発事故の例
だってあるように、早く善処をお願いしたい
ところです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





posted by 子竜 螢 at 15:03| Comment(6) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。