2012年05月24日

塀の上を歩く人々

円高デフレの不況が長く続いています。

政府はほとんど何も対策をしないで消費税の
増税ばかりに躍起になっている。

だから拝金主義者が増えて、手段を問わない
金儲けや詐欺が増えてきました。

K大生の投資詐欺なんかは、代表的な例ですが
振り込め詐欺は相変わらずですし、友人知人に
詐欺まがいの借金を続ける人が後を絶ちません。



塀の上を歩く人々は、いずれバランスを崩して
どちらかに落ちます。

外であればいいのですが、中へ落ちると前科者
の烙印が押され、ますますまともな人生からは
遠ざかってしまうのです。



景気対策による税収アップを少しも考えていない
現政権は、世界中の著名な経済学者から批判され
ています。

クレイジーだ!

もちろん、円高デフレの現状での増税は、ギリシア
の二の舞になるというのです。

価格競争をやっている現状で消費税をアップすれば
弱者はアップ分だけ損する覚悟を迫られるでしょう。

多くの中小企業や商店が倒産します。
低所得者から多くの自殺者が出ます。



そういう意味で、増税を推進しようとしている現政権
は、塀の上を歩いている人々と何も変わりません。

政策がブレていないところだけは評価しますが、結果
責任が政治なのですから、野田総理は口先だけではない
覚悟を示さなくてはなりません。

切腹の作法はご存知なのでしょうか。



もしも知らないとしたなら、日本人としての覚悟が
何もないということです。

でも、法案が成立する目処なんてありませんから、
別に知らなくてもいいのですよ。どうせ採決も解散
もできずに会期切れでしょうし、9月の民主党代表
選で再選される見込みも薄いでしょうからね。



塀の上を歩く人々を減らし、なくす。

これが国民の生命と財産とを守る本来の政治です。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:詐欺
posted by 子竜 螢 at 08:48| Comment(4) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。