2012年05月30日

原点に帰れ!

野田総理と小沢氏の会談が平行線のまま
もの別れに終わりました。

予想されていた結果とはいえ、野田総理が
小沢氏の除名に動くかどうかが気になると
ころではあります。



現在のトップというプライドの野田首相と
政権交代させたというプライドの小沢氏と
は、所詮は交わらないのでしょう。

しかし、どちらの主張が正しいかといえば
マニフェストという原点に戻れとの小沢氏
に軍配が上がると思います。



それにしても野田総理は、なぜもっと早く
会談を呼びかけなかったのでしょうか。

その理由として考えられるのは、自民党の
谷垣氏を説得できると踏んでいたからで
しょうね。

だが、谷垣氏は解散総選挙を迫るだけで、
同じ増税論者でありながらもかたくなに
拒み続けてます。

四面楚歌とは、今の野田総理のことですね。



民主党内の議員の中には、次の選挙のことを
考えたなら、小沢グループでなくとも増税に
反対したい議員がかなり多いと思われます。

ここまで増税にこだわってしまったからには
引っ込みのつかなくなった野田首相は、法案
の成立以前に党の分裂危機回避を考えなくては
ならなくなったようです。

それが、遅まきながらの会談なのでしょう。



国会の残り期間もあとわずか。

9月には民主党代表選挙も控えています。

なんだか野田総理が哀れに思えてきたのは子竜
だけでしょうかね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:消費税
posted by 子竜 螢 at 14:12| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする