2012年06月10日

大金鶏菊

幹線道路の縁や野原の一面に咲いている黄色
いコスモスのような花。

オオキンケイギクといいます。

毎年今頃に花を咲かせるのですが、原産は
カナダで、観賞用に輸入されたものが日本
中の空き地に広がりました。



昔、母が緊急入院したとき、花を買う暇が
なくて、病院へ駆けつける途中の道端に咲いて
いた大金鶏菊を摘んだ覚えがあります。

しかし、子竜の思い出とは別に、すさまじい
繁殖力のせいで農産物に被害が出始めている
とか。

魚の外来種と同じことが陸上でも起きている
のですね。個人的には好きな花なのですが。。。



母が入院した当時は、誰もこの花の名前なんて
知りませんでした。看護婦さんからも尋ねられ
たので、子竜はなんとか調べ上げ、漢字まで
突き止めました。

ただ、カナダでの本当の呼び名までは知りません。
カナダ産だということを知ったのは、つい最近の
ことなのです。



入梅のうっとおしい季節に鮮やかな黄色い花の
群れは、暗くなりがちな心を和ませてくれます。

農作物の繁殖力を奪ってしまう点は問題ですが
もしもバイオエタノールでも抽出できるなら、
いいのですがね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:大金鶏菊
posted by 子竜 螢 at 12:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする