2012年06月13日

メイド・イン・ジャパン

まさか、日本のメイド喫茶を賞賛した言葉だ
とは思わないでしょうが、それほどまでに日本
のモノ作りが危機に陥っています。

言うまでもなく、戦後の困窮期を乗り越えて
高度成長時代まで到達した原動力は、モノ作り
にありました。

価格で海外企業と勝負するのではなく、品質に
おいて勝負してきた結果の勝利です。



しかし、高度成長時代の終焉を告げたオイル
ショックから、価格で争うようになりました。

その後、不況と好景気とを繰り返し、リーマン
ショックを迎えました。

それからは更に価格で海外企業と争うことになり
人件費の安さを求めて、工場を海外に求める企業
がますます増えています。

国内では、低賃金の不正規労働者が増えて、国内
消費が落ち込みました。各企業は更なる価格競争
に走りました。



法人税をいかに減免優遇しようと、途上国の安い
人件費が魅力で海外に工場を移している企業には、
法人税率など関係のない話です。

しかるに、法人税は据え置きのままで消費税のみ
を上げるというのは、海外進出をするまでの力の
ない中小企業イジメでしかありません。



今年になって、人件費が安かった中国も先進各国
からは見放されつつあります。人件費のふた桁上
昇により、他の国への転出や国内への回帰を模索
する動きが始まっているのです。

しかしながら、メイド・イン・ジャパンの精神を
忘れたままでは、いつまでも同じことの繰り返し
でしょう。

アジアの各国が力を付けたなら、次はアフリカ
なのでしょうか。世界中の国の経済力が日本に
追い着くまで、絶対に終わらない堂々巡りです
ね。



すべての問題の解決は、メイド・イン・ジャパン
にあると思います。

品質において絶対他に負けないものを作る。ドイツ
車がよい例です。それによって、労働者の賃金が
アップして税収も伸びれば、社会保障の充実した
国へと変貌できるのです。

大企業の優遇策を採っている限り、大企業側はいつ
までも気づいてくれないかもしれません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 09:59| Comment(4) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする