2012年06月22日

50代にやっておくべきこと

60歳定年が一般的な現在、50代は実社会
でのトップ位置になります。

つまり、これまでの人生の集大成であって、
政治や社会の仕組みや他人のせいにはでき
ません。

いかなる人生であったとしても、50代になる
と言い訳はできないということですね。



もしも、50代を迎えても20代の新卒者に
収入や地位の面で負けているとしたなら、これ
まで何をしてきたのかと反省しなくてはなら
ないでしょう。

だって、30年もあれば大概のことは成就させ
られるはずなのです。どんなに難しい資格の
試験とて、30年も勉強すれば合格するでしょう。

だから、一切の言い訳はできない年代なのです。



では、50代にやるべきこととは何でしょうか。

もちろん、老後への備えですよね。50代になっ
てもその日のことしか考えていないようでは、い
ずれは生活保護のお世話になります。

まあ、それでいいと考える人には、何を言っても
無駄ですが。。。



老後を考えるというのは、何も経済的な面だけで
はありません。定年になったら何をしたいか、と
いうことです。

そのまま働き続けるのもいいでしょうし、趣味に
生きるのも魅力的ですよね。

ただし、退職金を元にして商売を始めるのには
注意が必要です。

大企業にお勤めだった人は、一般的に商売には
向きません。企業の看板を背負っていたからこそ
他人が相手にしてくれていたことを認識すべき
なのです。

定年になったら、ただの人なんですよ。

もちろん、この年代で借金するのはNGです。



とにかく、50代で選択を誤ったら取り返しが
つきませんので、上記の勘違いだけは避けて
ください。

楽しい笑顔ばかりの老後を迎えましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:自己啓発
posted by 子竜 螢 at 10:33| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。