2012年07月08日

致死罪が必要だ

大津中学の二年生が自殺した事件で、フジテレビ
の特ダネが、いじめた側の生徒の実名がわかる
報道をしてしまったと問題になっております。

黒く塗りつぶした名前の部分が不完全処理だった
ため、静止画像で人物が特定できるそうです。



子竜の個人的な意見としては、フジテレビが技術的
なミスをしたのではなく、意図的にしてくれたので
あってほしいと思っています。

なぜ加害者の人権を擁護するのでしょうかね。

今回の騒動は一連のフジテレビ潰しの流れなのでしょ
うけれど、たまにはいいことをするよなって目で見る
ことはできないのでしょうか。



イジメをしたなら、世間全体からいじめられる。

そんな当たり前のことを少年法だか何だか知りませんが
加害者を擁護する法律なんていりません。

むしろ、被害者が自殺した場合には「致死罪」に問う
べきなのです。



現在、致死罪は過失致死や傷害致死に限られている
ようですが、詐欺や集団による精神的な暴力につい
ても適用すべきでしょう。

詐欺被害に遭ったために自殺した人は少なくないと
思いますよ。イジメが少年法で守られているように
詐欺罪の刑も軽すぎますね。



騙される人も悪い。いじめられるほうにも問題が
ある、なんて言う人は、自分は絶対に騙されない
しいじめられないと思っているらしい。

しかし、詐欺師にすれば、そんな人ほど騙しやすい
と匿名で音声も変えた番組で言っていましたから、
気をつけてくださいよ。

死刑廃止論も同様です。

加害者の人権よりも被害者の人権を!


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:フジテレビ
posted by 子竜 螢 at 12:49| Comment(5) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする