2012年07月12日

一番悪い人

大津市のイジメ自殺事件で、学校側や教師の
対応が問題だったと批判されております。

しかし、子竜はもっと悪い人がいただろうと
考えています。

それは、見て見ぬ振りをしてきた同級生たち
ではないでしょうか。



下手に注意すると自分もいじめられる。

いじめられるのが嫌だから、いじめるほうに
参加する。

自分に関係のないことだから、他人がどんな
目に遭っていようと知ったことではない。



なぜ、イジメを黙認するのでしょうか。

一人で立ち向かうのが怖いなら、みんなと
語らって団体で闘い、イジメを許さない風潮
を作ることだってできるはずなのです。

また、担任の教師が何もしないなら、校長や
教育委員会に匿名で知らせる知恵さえなかった
のでしょうか。



いいえ、できたと思いますよ。

しなかったのは、アイツならいじめられて当然
との気持ちがどこかにあったからではないので
すか。

亡くなった同級生の命は戻りません。同級生も
含めて、関係者には一切の言い訳はできません。

今から死ぬ、と電話してきたイジメ被害者に、
じゃあ死ねば、なんてよく言えたものです。



メディアは未成年の同級生たちを決して悪く
報道しませんが、一番悪いのはイジメ加害者
なんかじゃありません。

イジメを容認し黙認する同級生こそ、怖い
存在なのではないでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:いじめ自殺
posted by 子竜 螢 at 13:20| Comment(4) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする