2012年07月25日

意外な夏の季語

俳句には季語を入れるのが決まりですが、
意外な夏の季語をお伝えしましょう。

最初は、甘酒です。

寒い日に熱い甘酒を飲んで温まる、なんて
いう光景が浮かびそうですが、なぜか夏の
季語なのです。



次は、脚気という病気。

膝をゴムハンマーで叩いて反射を見たもの
ですが、夏の季語とは意外ですよね。



夏炉冬扇。

かろとうせん、と読みます。夏の火鉢と冬の
扇のことで、無用の長物を意味する四文字
熟語です。

これは季語ではありませんが、あまり知られて
いないのでご紹介しました。



意外な夏の季語としては、筍や菖蒲などもあり
ます。青葉や五月雨も夏の季語ですので、昔と
今とでは、季節感が違っていたのでしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 10:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする