2012年07月26日

ロンドンがピンチ 2

ロンドンオリンピックの開会式に先立って、
なでしこジャパンがやってくれましたね。

カナダを相手に2対1での勝利。

日本選手団に弾みがつきそうです。



ところが、参加国の国旗に関するトラブルが
続出しました。単なるミスなのか、意図的な
ものなのかは不明ですが、早くも不穏な空気
が漂う開幕となりました。

最初の国旗に関する事件は、北朝鮮のサッカー
チームの選手紹介をする際、名前の横に韓国の
国旗が表示されたことから選手たちが抗議。

試合開始が1時間も遅れるというハプニング
でした。



次に発生した国旗に関する事件は、メインスタ
ジアムに掲げられる参加国の国旗から、台湾旗
の「青天白日満地紅旗」がいつの間にか撤去
されていたというものです。

サッカーでの事件は単純ミスと見なせても、台湾
旗の件は関係者が意図的にやったとしか思えません。

参加国と参加地域の旗を撤去する理由など、どこに
あるというのでしょうか。

そんな例など過去の大会では一度もなく、中国から
の圧力が働いたのではないかと勘ぐりたくもなり
ますよね。



スポーツの世界に政治を持ち込んではいけない。

だから、野田総理も日本選手団を激励に行くなんて
ことは、逆効果だからやめていただきたい。

オリンピックはあくまで神聖なものであるべきです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 12:05| Comment(5) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする