2012年08月02日

自民にも異変

やっぱり、といいますか、自民党内からも
三党合意に不満なグループが出てきましたね。

小泉進次郎氏ほか10名の若手議員グループです。



11名のグループは谷垣総裁に対して、三党合意
の破棄と、消費税率引き上げ法案に反対するよう
申し入れたのです。

三党合意は野田政権を延命させるだけで、解散に
追い込めない足かせともなっているのですから、
自民党にとっては皮肉な結果でしょう。

小泉氏らは、衆議院で賛成・参議院で反対という
批判も甘んじて受けよという。



一方、解散すれば民主党が消滅するだけに、野田氏
は参議院での採決を先延ばしにしようとしています。

だから消費税の採決より前に、赤字国債発行法案な
どを採決したがっている。増税法案が可決されれば
自公から内閣不信任案が提出されるからですね。



ここへきて、消費税率引き上げ法案の行方が微妙な
ものとなってきました。

いうまでもなく、参議院での民主党議席が過半数を
割っているからで、衆議院のようにスムーズな採決
スケジュールになるわけがありません。



そして何よりも、谷垣氏と野田氏には来月代表選挙
が待ち構えているのです。

代表選挙でどちらかが落選すれば、三党合意は破棄
されるというよりも、増税法案そのものが廃案にな
るのは確実です。

しかし、代表選挙前に採決して解散に追い込みたい
谷垣氏に対して、野田氏は惨敗が明白な解散総選挙
などできるわけがないのです。



結局、増税法案は、解散総選挙で政権が戻ってくる
などと信じている自民党によって、廃案もしくは
否決される運命なのでしょう。

任期満了までできれば解散したくない野田氏よりも
総裁選で出馬に必要な推薦人の数さえ危ぶまれる
谷垣氏のほうが焦っていますから、お盆休みまで
がひとつの目安ではないでしょうか。

三党合意の破棄こそ、国民が望んでいることです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:小泉進次郎
posted by 子竜 螢 at 09:35| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。