2012年08月09日

言葉のあや

昨夜の党首会談の結果には、ちょっと呆れ
ましたね。もっと具体的な何かが出てくる
ものと期待していたのですが。。。

言うまでもなく、野田・谷垣会談のことです。



会談といえば、漢字変換するときに怪談と出て
しまいました。まさしく、夏の夜の怪談ですね。

「近い将来」から「近いうちに」と言葉が違う
だけで納得してしまった谷垣氏の頭の中は、ま
ったく理解できません。



そもそも自民党は、三党合意などせずに内閣
不信任決議案を提出していれば、今頃は政権
に帰り咲いていたかもしれないのです。

増税と解散の二兎を追った結果、さらに支持率
を下げてしまいました。



ところで、ひとつ気がかりなのは、9月の代表
選挙で両氏のうちのどちらかが落選してしまった
場合、昨夜の合意はどうなるのかという問題です。

それまでに衆議院が解散しなかった場合のこと
ですが、当然反故となるのでしょうね。

それよりも、両氏ともに落選する可能性は大きい
でしょう。野田氏は党を分裂させた責任が重く、
谷垣氏は今国会中に解散へ持ち込めなかった公約
違反を突きつけられるでしょう。



我々国民は、国民の投票数や民意を裏切る議員
を必ず次回の選挙で落選させる勇気を持たなく
てはなりません。

その積み重ねこそ、国民が政治家を教育できる
唯一の方法ではないでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:党首会談
posted by 子竜 螢 at 12:42| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。