2012年08月10日

動じるな

竹島に韓国の李明博大統領が視察に訪れました。

竹島は言うまでもなく日本の固有の領土ですが、
現在は韓国に実効支配されています。



竹島が日本の領土たる所以は、徳川家康と時の
李朝が取り交わした外交条約にあります。

李朝が鬱陵島までを朝鮮の領土として提案し、
徳川幕府が了承しています。

ただ、鬱陵島が当時独島と呼ばれていたことが
問題をややこしくしており、独島を鬱陵島に、
竹島を独島と改名した韓国の独善が、ありも
しない領土問題を引き起こしているのです。



そして、竹島はいつも韓国の大統領選挙に利用
されてきました。今回もその狙いなのでしょう。
国内の不満の目を日本に向けさせて人気を取る
つもりなのです。

しかし、ネット上ではソウルの日本大使を召還
せよとの意見が多いですね。戦争を覚悟の上で
の発言なのでしょうかね。

この問題は、大統領選挙が終われば花火のごとく
消え去るのですから、日本側は動じるべきでは
ありません。

北朝鮮やロシアに実効支配されているならともか
く、韓国との外交問題は、あくまでも冷静な話し
合いにて解決してほしい。



ただし、だからといって、弱腰の外交だけはNG
ですからね。いつまでも実効支配を続けるなら、
それなりの制裁も考えておかなくてはならない
でしょう。

あくまでも、戦争にならない範囲でですよ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:竹島
posted by 子竜 螢 at 15:53| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする