2012年08月11日

最後の勝者

社会保障と税の一体改革に関する関連法案が
参議院で可決されました。

これで野田総理の勝利かといえば、そう簡単
ではありません。



まず、造反した参議院議員6名の処分が問題
となるでしょうね。衆議院では党員資格停止
などの処分が下されたのですから、不問とい
うわけにはいかないでしょう。

しかし、処分を不服として2名が離党すると
参議院での第一党は自民党になってしまうの
です。

これは、議長や各委員会の理事などの配分にも
影響して、何事も自民党にお伺いを立てないと
進められなくなるこを意味しているのです。



もうひとつの懸念材料は、「近いうちに」と
約束した解散総選挙を自公から迫られること
ですね。

谷垣氏が一方的に騙されたとする見方もあり
ますが、赤字特例法案の成立に協力を得なく
てはならない立場上、いつまでも解散を先に
延ばすわけにはいきません。

今年度予算がまだ暫定予算のままなのは、同
法案が可決されないからで、このままでは、
10月にも国にお金がなくなってしまうのです。

国家公務員の給料すら払えないとなれば、民主
党は最大の支持母体を失ってしまいます。



このように、野田総理の立場は危ういものです。
解散よりも以前に、内閣が総辞職するのではない
かと思えますね。

もちろん、代表選挙で野田氏を再選すれば解散
を迫られるので、野田氏は出るに出られません。

解散となれば、民主党が消滅同然の敗北をする
からですね。



一方の谷垣氏も、総裁の任期中に解散に追い込め
なかった責任を問われるでしょうから、おそらく
代表選挙で落選するでしょう。

要するに、三党合意の勝者は、どちらが残っても
連立する目を残している公明党でしょうか。

とはいえ、支持母体の学会が反対している増税に
賛成したのですから、こちらも大きく議席を減らし
そうです。

最後の勝者は、増税に反対した党かもしれません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:民主党
posted by 子竜 螢 at 08:49| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。