2012年08月17日

日本の領土問題

先日、李明博大統領の竹島訪問に関して
動じるな、と述べました。

それが気に入らない人も多々おられたようで、
少し説明を加えたいと思います。



日本が抱えている領土問題には、竹島・尖閣諸島
に北方領土があります。

法の上からは等しい扱いをしなくてはなりません。

北方領土を実効支配しているロシアは強国だから
軍事力の行使も経済制裁もしないが、韓国にはす
るなんてこと、フェアな外交姿勢ではありません。



要は、話し合いによる解決が戦後日本の一貫した
外交姿勢なのですから、国際司法裁判所に提訴
するにしても、北方領土も同時にしなくてはなり
ませんね。

韓国が日本に対する異様なほどの対抗意識を持っ
ているから、いつの間にか日本人も韓国に対して
敏感になりすぎたのではないでしょうか。

所詮はパクリしかできない国です。何でも自国
が発祥だと言い張り、国際的な礼儀など知りま
せん。

4年前に天皇の訪韓を誘っておきながら、謝罪を
しないのなら来なくていいという大統領です。

まともな国が相手なら、大いに動じましょう。

しかし、オリンピックの競技の後に、竹島の領有を
主張する選手がいるような国なのですから、動じ
てはなりません。



尖閣諸島に香港の活動家たちが強行上陸して逮捕
されました。

これらをもって、日本の領土危機を叫ぶ人は多い
ですね。

しかし、両国とも、日本の領土だということを熟知
しているのです。わかっているからこそ、軍事的な
動きまではしてきません。

そういう意味では、北方領土は別の対処が必要です。
ロシア側は正当な領土だと考えているからです。



仮に、竹島に韓国の正規部隊が配置されたり、軍事
訓練海域にしたなら、そのときは自衛隊に排除して
もらわなくてはならないでしょう。

ただし、竹島は岩山が海から突き出ているだけなので
空爆や砲撃で粉々に消滅してしまうかもしれません。



二つの領土問題は、平和ボケしている日本人にいい
機会を与えてくれたのでしょうね。

これをきっかけに、憲法改正論議が沸き起こるかも
しれませんね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:竹島 尖閣諸島
posted by 子竜 螢 at 10:00| Comment(4) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。