2012年08月26日

国交断絶に等しい

野田総理の新書が郵送で送り返されましたね。

外務省の窓口が門前払いをしたために起きた
椿事ですが、通常の感覚なら、国交を断絶する
意思の表明だと思います。



しかし、野田総理は冷静に構えています。その
点だけは評価しましょう。あえて国交断絶やら
経済制裁をしなくとも、大人と子供のケンカ
みたいなものなのですから。

サムスンのやり方が世界で通用しなくなってきた
ことは、昨日の記事のとおりです。

パクリに象徴される韓国企業のやり方は、無理に
でも友好度を高めたい日本でしか通用しません。



日本は、自民党政権時代からずっと韓国との友好
を考えてきました。

しかし、今回の竹島問題や天皇への謝罪要求など
を勘案しますと、日本の片思いだったと思わざる
を得ませんね。どこまでいっても、半島の人は
日本が嫌いなのでしょう。

それを踏まえた上での付き合いが、これからは重要
です。嫌われていることをわかった上で、これから
も好きになってくれないことを承知の上での外交や
経済交流を考えなくてはなりません。

NHKなどは、日韓友好などという幻影を、いつ
までも掲げてはならないでしょう。韓流も日本から
の友好の押し売りでしかないのですから。



日本の不幸は、近隣に反日的な国ばかりという点
でしょうか。

友好国ばかりなら東アジア経済共同体のようなものが
とっくに出来上がっていて、EU以上のものになって
いたことでしょう。

あるいは、日本がかつて半島を併合し、中国を攻撃
したことが、今となっては正しかったと言ってもい
いほどなのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:竹島
posted by 子竜 螢 at 09:38| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする