2012年08月30日

問責決議案の効能

参議院で野田首相に対する問責決議案が
可決されました。

よって、9月8日までの国会が、事実上
の閉会です。



言うまでもなく、問責決議案に法的な意味
はありません。あるのは、今後一切の審議
に応じないという意思表示だけです。

福田内閣・麻生内閣に次いで3度目の可決
になりますが、理解できないのは自民党の
動きです。



問責決議案は、国民の生活が第一などの、
増税反対を理由とした勢力が提出した案に
自民党が乗ったのは、いかにも異常です。

3党合意で増税に賛成しておきながら、増税
反対のたちばでの問責とは、開いた口が塞がり
ませんね。

ちなみに、公明党は採決に欠席したようですが
反対票を投じなかったという点では、自民党
同様に不可解です。

それならば、なぜ衆議院の内閣不信任決議案に
両党が賛成しなかったのでしょうか。

谷垣氏は首相になる最後のチャンスを、近い
うちに、で騙されたことになりました。



そして、野田政権は、国会が休会となってし
まったからには、10月に開かれる臨時国会
まで延命したことにもなります。

9月に控えている代表選と総裁選の結果次第
でしょうけれど、まだまだ政治の混迷は続き
そうです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:問責決議案
posted by 子竜 螢 at 04:24| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。