2012年09月03日

秋の季語

秋の季語として間違えやすいものを列記
しておきましょう。

あれっ、と思うものばかりです。



最初は「あさがお」。

夏の代表的な花なのに秋の季語とは納得でき
ませんね。でも、桔梗の古い名が朝顔だった
ことから秋の季語になっています。



次は「七夕」。

当然夏の季語だろうと思ったら、秋の季語
でした。理由はわかりませんが、七夕の原話
の季節が秋だったのではないかと推察します。

「天の川」や「織姫」「彦星」などの関連語
も当然秋の季語ですから、ご注意。



最後は「稲妻」。

「雷」は夏の季語なのに、「稲妻」は秋の季語
なのです。稲という字を使うからでしょうかね。



このように、歳時記に記載されている季語が重要
になるのは、俳句の世界だけではありません。

歌謡曲の歌詞だって、無視してはいけないのです。
旧暦に由来していますから季語は厄介なのですが、
日本らしい文化のひとつとして、文句を言いながら
も親しんでみましょう。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:季語
posted by 子竜 螢 at 06:44| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。