2012年09月19日

毛沢東肖像画の意味するもの

尖閣諸島の国有化をめぐって、中国での
デモが100都市以上に拡大しました。

放火、略奪など、すでにデモではなくなり
暴動といってもよいでしょう。



不思議なのは、デモ隊が掲げている毛沢東
の肖像画です。

日本への抗議と言うよりも、中国政府への
講義の意味が強いのではないでしょうか。

彼ら暴徒は、日本の企業が国内から撤退して
職が奪われても構わないと感じているはずが
ないのです。

いいえ、暴挙の動画が全世界に発信されて、
世界中の資本が中国への投資をためらうこと
でしょうね。

とにかく、共産党政府が世界に顔向けできない
ほどのことを起こすのが目的なのでしょう。

民主化を望んでいるのは間違いありません。
格差の拡大も、中国では深刻です。



デモに参加している中国人の大半は、尖閣諸島
の位置を知りません。

大半の中国国民は、充分に広い国土があること
に加えて、海には関心を持っていないのです。

今回の暴動デモのほとんどが大学生であること
から、かつて日本で発生した学生運動のような
波が芽生えているのだと思います。

毛沢東の頃の、共産革命の原点に戻ろう。

そう訴えたいのではないでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:尖閣諸島
posted by 子竜 螢 at 17:27| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする