2012年09月26日

借金からのスタート

子竜たちが若かった頃と今の若者たちとの
大きな違いは、金銭環境の違いでしょうか。

昔は必ずしも景気が良かったわけではなく、
子竜が社会人になった翌年にはオイルショック
がありました。

しかし、現代の新社会人は借金からのスタート
になっているのが大きな問題ですね。



借金からのスタートとは、すでに学生時代に
借りた奨学金があります。

加えて、一人暮らしをするためのアパート家賃
や車のローンなど、まだろくに稼いでもいない
うちから、借金を重ねてしまいます。

家賃は永久に終わらない借金という意識がない
ようですね。一人暮らしをしたがる気持ちは
わかりますが、借金をしているという認識を
持たないのは怖いことです。



最近では、スマホなどにも出費がかさみ、親
から仕送りを受けている社会人もいるとか。

これでは貯蓄なんてできませんし、結婚への
自信が生まれるはずがありません。

こういう負の連鎖はどこかで断ち切らないと
将来の希望など見えてこないでしょう。



車・スマホ・独居は3年間我慢する。

それで300万円の資金ができます。結婚
資金としては充分な額でしょう。

また、300万円を元手に株式投資を勉強
すると、マイホームも身近に感じられるよ
うになるでしょう。



本当に貧乏しますと、宝くじさえ買えない
という笑い話があります。首を吊るための
ロープも買えないですよね。

そうならないための一時の我慢こそ、今の
時代に試されているのではないでしょうか。

周囲からケチと思われるのも癪ですので、
貯蓄宣言をしておきましょう。

我慢のモチベーションも保てると思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:社会人 奨学金
posted by 子竜 螢 at 09:42| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。