2012年09月29日

経団連会長の尖閣問題

経団連の米倉会長が、尖閣に領土問題は
存在しないとしている野田首相を批判し
ていると、中国紙が伝えています。

おそらく、本当なのでしょう。

米倉会長は原発とTPPの推進に加えて
消費税の増税にも積極的でしたから、尖閣
の国有化で経済界が被害を受けたのを問題
視するのは当然でしょうね。



一方で、米倉会長の政府批判を勝手すぎると
逆批判する意見もあります。

国内の雇用を切り捨てて海外へ進出したから
には、相応のリスクを伴う覚悟が必要だとい
うものです。

とくに中国への企業進出は、政治形態の違い
もあって、他国に比べてリスクは非常に大きい
と言わざるを得ません。

尖閣問題はただの一例に過ぎないというのです。



では、領土問題は確かに存在する、と首相が
発言した場合、どうなるのでしょうか。

それこそ、中国軍が尖閣に押し寄せて、実効
支配してしまうのではないかと考えられます。

結果的に、米倉会長の政府批判は、売国的発言
になってしまうのではないかと危惧されるの
です。



国連総会でも激しいやりとりがありました。

この際、中国の威圧的な領土問題を抱えている
フィリピンやベトナムといった国へ、中国から
企業進出の先を変えてみてはどうなのでしょうか。

経済界の人は、主立った工場を海外へ移転させ
て日本の税収と雇用を減らしているのですから
政府に文句を言うよりも、自分の安全は自分で
守るしかないでしょうね。

本当は、国内へ戻ってくれるのが一番よいのです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:尖閣諸島 経団連
posted by 子竜 螢 at 13:24| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする