2012年10月09日

事業仕分けにも負けず

久しく忘れていましたが、山中伸也弥氏のノー
ベル医学生理学賞受賞のおかげでiPS細胞の
存在を思い出しました。

どこの部分の細胞からでも任意の細胞を作り
出せる点で画期的な技術ですね。

癌化の問題などがクリヤーできたなら、一般的
な治療に用いられるのもそう遠くはないでしょう。



それにしても、事業仕分けでテクノロジーの予算
が大幅に削られたにもかかわらず、このところの
日本の技術発展には目覚しいものがありますね。

ハヤブサは、ちゃんと帰還しました。
2位ではダメなのかといわれたスーパーコンビュ
ーターも世界一の座を奪還しています。



予算額と進歩は必ずしも比例しませんが、我々
一般人が酒を飲んでくつろいでいる間も顕微鏡
を覗いていた努力の結果です。

山中先生、おめでとうございます。
日本人として、誇りに感じます。

早く実用化してくださいませ。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 10:50| Comment(2) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする