2012年10月11日

解散は来夏でいい

最近、衆議院の解散時期について、来年の
夏でいいと思うようになりました。

消費税の増税でカッとなっていた時期には
即座の解散を求めたい気持ちでしたが、今
となっては来夏のほうがベストではないかと
考えます。



まず、内閣不信任決議案が可決されたとして
も、解散ではなく、内閣総辞職を選択するか
もしれません。

民主党が延命を考えているなら、そちらの可
能性が強いでしょう。



次に、解散総選挙となったとしても、単独で
過半数を確保できる政党がないと思われます
ので、自民党の安倍総裁や維新の橋下代表な
どの力量や主張を確かめるための期間が必要
だと思います。

さらには、「生活」や「維新」といった新政
党に政党助成金が支給されないままでの選挙
は、国民の意思が反映されないままの結果に
終わるかもしれない懸念があります。



以上の理由から衆参ダブル選挙で一気に決着
するのが理想ではないでしょうか。

もっとも、それまでの間に、民主党や野田内閣
が無茶をしないよう祈らなくてはなりません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:衆議院解散
posted by 子竜 螢 at 08:38| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする