2012年10月22日

老人を支える切り札

現在は3人で1人の老人を支えているが、
20年後には肩車になるという。

これは、よく登場する例え話です。

でも、そうならない最後の切り札があるの
です。外国からの移民を受け入れるのでは
ないですよ。



切り札となるのは、女性の社会進出です。

とくに、お産を契機に第一線から引いた
女性たちの再登場によって、社会保障面
での負担役が増えます。

実際にも、オランダなどでは女性の社会
再復帰の政策を行なった結果、GDPが
過去最高となり、社会保障も充実したと
いいます。

一般的な企業への再就職は難しくとも、
女性ですから介護施設などからはラブ
コールの嵐でしょう。



また、国内に70万人いると推定される
引きこもりの人たちや、働けるのに生活
保護を受けている人たちへの対策がでは
たなら、現状の負担を維持できるのでは
ないでしょうか。

そして、年齢別人口のアンバランスが悪
い時期が20年間ほどなのですから、大人
すべての社会参加によって税収を増やし、
現状並みの社会保障の維持は可能だと思い
ます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:社会保障
posted by 子竜 螢 at 06:08| Comment(2) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。