2012年10月29日

臨時国会の焦点

今日から臨時国会です。

しかし、予定されている会期は、わずか一週間。

明らかに解散逃れで、特例公債発行法案と一票
の格差是正だけを、与党だけで強引に進めて
しまおうという意図ですね。

もちろん、参議院は野党が強いので成立は難しい
ですが、とくに赤字国債の発行に関しては地方に
も影響するだけに、野党の印象を下げる戦略では
ないかと勘ぐりたくもなります。



本来であれば、消費税増税の使い道としての社会
保障の内容などを論議すべき臨時国会ですし、デ
フレ対策も含めた経済対策を論議しなければ、2
年後の増税も実行不可能でしょう。

さらに、尖閣や竹島を巡る外交問題も新たに発生
しており、たった一週間で何ができるというので
しょうか。



まともに国会を運営しないのであれば、議員に
給料を払いたくないのが国民の感情です。

まさか、地方選挙の応援に出向くのが仕事と
考えているのではありますまい。

それとも、あえて会期を短くしたのは、最終日
あたりに衆議院の解散を宣言する予定なので
しょうかね。



いずれにしても国民生活に直結しているだけに、
政策政局ともに目が離せなくなってきました。

波乱が予想される一週間になりそうです。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:臨時国会
posted by 子竜 螢 at 08:44| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする