2012年10月30日

厚顔無恥な所信演説

衆議院で野田総理の所信演説が行なわれ
ました。参議院では中止され、前代未聞
の事態です。

波乱は最初から予想されていましたが、
野田総理の所信演説で、その思いは一層
高まりました。



聞くに堪えない違和感を覚えたのは、「明日
への責任」という言葉の20連発です。

これまでの責任を取れない人が、明日への
責任を語る資格があるのでしょうか。

子竜には資格がないので、そのような大言壮語
はいたしませんよ。



社会保障と税の一体改革に政治生命を賭ける
とまで言い切ったからには、法案成立後に
さっさと議員を辞職すればよかった。

所信表明の内容は、まるで野田政権を未来
永劫に続けたいが如くに聞こえました。

厚顔無恥とは、この人のためにある言葉かと。



他人の批判は好きではありません。

しかし、当ブログへ頻繁にご訪問くださる人
にはわかると思いますが、この人だけは別格
なのです。

首相就任当初より、なぜか本性が見えてしま
いました。「朝連ドラマ」の愛君のように。



今にとんでもないことをやるぞ、と思っていたら
案の定、手のひらを返すが如くの消費税増税でし
た。数ヶ月前の街頭演説とは真逆の行為です。

形だけの謝罪はしていますが、さらに未来への
責任などと述べられますと、憎悪を通り越して
呆れてしまいます。



昨日も民主党から2名の離党者が出ました。

国民新党を加えても、衆議院であと6名が離党
すると過半数割れをします。

おそらく、衆議院で過半数割れをしたときが
解散を決意するタイミングなのでしょう。

離党予備軍さんたちは、タイミングを図って
いるに違いありません。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:野田佳彦
posted by 子竜 螢 at 13:37| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。