2012年11月05日

大学の不認可問題

田中真紀子文部科学大臣が3大学の新設
を不認可とした問題に関して、さまざま
な意見が飛び交っています。

若者の夢を壊す暴挙だとか、少子化時代
では当然といった、賛否に分かれていま
す。



今回あった申請のうち、学科の増設に
関してはすべて認可されたようで、問題
になっているのは新設2校と短大からの
4年制への移行の1校です。

大学へ進学しなかった子竜には実感として
の問題はないのですが、教員の手配などの
準備の9割までが進んでいた時点での不認
可なので、暴挙といわれる所以なのでしょう。



しかし、国が少子化に向けて統廃合を勧め
ているのも現実です。公立も私立も国から
の補助金を貰っている以上は、減らす方向
なのは正しいといえます。

とはいえ、東北に美術大学がないなどの事
情もあり、ひとくくりで不認可というのも
どうかと思います。



東京大学が秋入学を提唱したこともあって
これからの大学教育は変遷期にあるのかも
しれません。

ただ、補助金という税金を注ぎ込んだ挙句
に、就職浪人を輩出するのでは国家の損失
です。

大学は、数よりも質こそ問われなければ
ならないでしょう。


ラベル:大学新設認可
posted by 子竜 螢 at 08:16| Comment(2) | 教育 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする