2012年11月13日

太陽の党

石原新党が「太陽の党」と名称を定めました。

テレビのニュースで聞いたとき、一瞬、岡本
太郎かと思いましたが、いかにも極右的な名
称です。



昔から日本は太陽の国と称していました。日本
という国号も同じ意味ですね。

太陽の国であったのは戦前戦中まででしたが、
そういう思想を受け継いでいるとでも表現し
たかったのでしょう。

そういう政党と維新の会が政策で一致するとは
思えませんし、第三極の核となれるでしょうか。



本来ですと国民の数だけ主義主張があるわけで、
政党の乱立はむしろ当然です。

自民党にも民主党にも多彩な勢力が混在して
います。完全に一致しているのは、公明党と
共産党だけかもしれません。



野田総理が年内解散を考え始めたらしいこと
から、政局は一気に動きそうです。

総選挙後は、どんな勢力分布になるのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:太陽の党
posted by 子竜 螢 at 18:57| Comment(4) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする