2012年11月17日

総選挙差し止め訴訟

一票の格差を取り上げている16人の弁護士
グループが、東京地裁へ総選挙の差し止め
訴訟を起こしました。

0増5減案が成立したとはいえ、今回の衆院
選挙には反映されないため、違憲状態のまま
での選挙は行なうべきではないとの主張です。



通常、一票の格差を問題とした訴訟は選挙後
ですので、異例の裁判となりそうです。

ただし、公示は天皇の国事行為であるため、
天皇を被告とするわけにはいかず、被告が
曖昧なままでの訴訟となりそうです。



この点でも異例の訴訟に、裁判所の判断が
注目されるところです。

明確な被告を指定しない裁判が、果たして
成り立つのかどうか。

訴えを棄却される可能性も充分に考えられ、
今後の格差問題にも影響しそうですね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html





ラベル:一票の格差
posted by 子竜 螢 at 18:56| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。