2012年11月19日

子竜の読書術

読書の秋だからではないのですが、最近、
珍しく何冊もまとめて読んでいます。

読書をすると、その作者の文体などに影響
されたりしますので避けていたのですが、
影響されなくなったということなのでしょう。



読んでいるのは、北方謙三氏の楊令伝。

水滸伝全19巻の続編で全15巻という大作
なのですが、この後にも岳飛伝という続々編
があるというから驚きます。

そして何より、従来から知られている水滸伝
とはまったく別物のストーリーとして仕上げて
いるところが斬新な作品ですね。



次に読んだのが、映画「プロメテウス」の原作
です。

人類の起源を求めて学者たちが異星へ向かうと
いうストーリーです。

未知の惑星での冒険にはワクワクするのですが、
人類の起源に関してはガッカリしました。

ネタバレにならないよう、これ以上は書きません。
でも、エイリアンものが好きな人にはオススメ
ですね。



読書は想像力を養ってくれます。

子竜にとっては、こういう作品もアリなの、って
刺激にもなっています。

あなたのオススメの一冊を教えてください。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:読書の秋
posted by 子竜 螢 at 10:36| Comment(4) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする