2012年11月21日

家賃の不思議さ

デフレが続いて年収が毎年下がりますと
家計の中での家賃の割合が大きくのしか
かってきます。

アパート経営者には経営者なりの苦労が
あるとは思いますが、そういう資産がな
い人にとって、不労所得に等しい収入は
羨望という感情を超えているでしょう。



ところで、デフレなのに家賃だけはなぜ
下がらないのか不思議です。

というより、建物の価値は年々下がるの
ですから、毎年同じ価値で貸し付けるの
はおかしいと思いませんか。

家賃は価値の下落と共に安くしてゆくのが
正常なのです。



もちろん、価格というのは需要と供給の
バランスによって成り立ちます。

アパートの建設にいくら掛かったなどと
の計算は、借主には関係のないこと。

むしろ、近隣に建った新しいアパートと
の比較こそ重要でしょう。



都会は別として、地方では空き部屋が目立っ
てきました。みんな新しくて安いところへ
引っ越すからです。

まだまだ続きそうなデフレ下では、家計の
一番多くを占める家賃というやつを、見直し
てみるべきでしょうね。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



ラベル:家賃
posted by 子竜 螢 at 13:41| Comment(2) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする