2012年11月23日

勤労に感謝する

勤労感謝の日です。

働いてくれる人に感謝する日なのか、働ける
ことに感謝する日なのかは人それぞれなので
しょう。

ことに失業中の人にとっては、働けることの
ありがたさは身に染みる思いかもしれません。



総選挙でどの政党が政権を担うことになろう
とも、避けられないのが円高デフレ対策です。

安倍総裁の建設国債日銀引受発言で円安へと
動きましたが、ご自身が真意として否定され
たことから、一次的なものになるかもしれま
せんね。

ともかく、緩やかなインフレへと誘導する
経済政策が必須の日本です。

このままでは、勤労感謝の日が意味を失って
しまいかねません。



ただし、金融緩和でデフレが解消できるかと
いえば、ノーです。

市中銀行はまた不良債権を抱え込むわけには
いかないのですから、優良な借主だけに融資
します。

しかし、財政的に優良な個人や企業は資金を
必要としませんので、貸出額は増えません。

つまり、いつまで経っても、市中に出回る現金
量が変わらないままなので、デフレが解消され
ないのです。



失われた20年が30年に及ぼうとしている
今、選挙の争点の第一は経済対策ではないで
しょうか。

何かだけに特化した政党がありますが、経済
政策も提示していただきたいと思います。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 09:15| Comment(3) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする