2012年12月06日

生命は発見できず

NASAの発表によりますと、火星探査車
キュリオシティによる生命の痕跡探査では
生命が発見できなかったといいます。

キュリオシティは今後、場所を変えて探査
を続けるそうですが、生命の材料となる有
機物を発見しながらも、現存の生命は発見
できませんでした。

かつて川が流れていた痕跡も発見できたか
らには期待されていたのですが、残念です。



NASAは同時に、2020年に打ち上げ
予定の新探査車も発表しました。

意地でも生命を発見してやろうとの意気込み
なのでしょう。



ところで、人間の体内時計は地球よりも火星
の1日にピッタリなのだそうで、人類火星起
源説のもとになっています。

太陽系が誕生したばかりのときの地球は熱く
て、生命の生存には適していませんでした。

一方、火星は太陽から地球よりも遠いので、
生命の誕生と繁栄に適していた時期があった
かもしれません。



ともかく、NASAから重大発表があるとの
ことだったので、世界中のマスコミが過剰反
応をしたのですが、否定会見にはガッカリだっ
たようです。

ですが、広大無限の宇宙の中で、地球だけに
生命がいるなんて思えません。

きっとどこかにいるとは思うのですが、人類
にとって友好的な宇宙生物や宇宙人であって
ほしいと望みます。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 15:15| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする