2012年12月18日

日本国憲法第96条の改正

圧勝した自民党の安倍総裁が、日本国憲法
第96条の改正を叫んでいます。

同条は憲法改正に要する国会議員と国民の
賛成割合を定記しているもので、憲法の改
正には国会議員の3分の2と国民の過半数
の賛成を必要としています。

この条文のうち、国会議員の賛成を過半数
に改めようというのが安倍総裁の主張です。



同条文の先にあるのは、第9条の改正であ
ることは言うまでもなく、原発問題以上に
国論を2分する論議を呼びそうです。

ただ、自民党が圧勝した要因と同じく、中国
韓国などの領土問題や安全保障の面において
国民が危惧している問題のひとつであり、追
い風が吹いている今しかできないのかもしれ
ません。



とはいうものの、戦争をしたい人はいないと
思いますので、難しい判断ではあります。

国会が賛成したとき、国民投票でどちらに票
を入れるかは悩ましい問題ですね。

こういう問題が生じるのを前提として自民党
に投票したというより、民主党のダメぶりか
ら元に戻した選挙でしたから、本当の民意が
問われるのは、この国民投票だと感じます。



護憲か改正か。

国民の本音のところはどうなのでしょうか。


※北海道グルメ通販
美味しくなければ返金します。
http://dondon.in/shop/onlineshop/518h90t1ki.html



posted by 子竜 螢 at 14:23| Comment(4) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする